Never. Stop. Drafting.
Enterprise Pack Offering for DraftSight
0円
YLC
draftsight
Increase your speed and efficiency with enhanced usability and new productivity tools.

使いやすさと新しい生産性向上ツールにより、スピードと効率を向上させます。
Image is not available
生産性向上ツール、API、テクニカル・サポート、ネットワーク・ライセンスを備えたパワフルな2D CAD設計およびドラフティング・ソリューション。
Arrow
Arrow
Slider

あらゆる種類の2D図面の作成、編集、表示、マークアップに対応するプロ仕様の2D設計およびドラフティング・ソリューション。

ユーザー・インターフェースはわかりやすく、その他のCADアプリケーションから簡単に移行できます。DraftSightには、以下の製品オプションがあります。

無償版と有償版の違い

機能 Enterprise
(有償)
Professional
(有償)
無償
Windows®、Mac®、 Linux との互換性 (Windows のみ) (Windows のみ)
シンプルな2D図面作成、設計、ドラフティング・ツール。
コミュニティ・リソース:オンラインのコミュニティ・サポートや、無償の『開始ガイド』など豊富な学習リソースにアクセスできます。
DGNファイルのサポート:DGNファイルをインポートして直接編集したり、参照またはリトレース用にDGNファイルを添付できます。
DraftSightのツールボックス:標準ベースの機械用記号ライブラリと機械製図注釈アドオン。
設計ライブラリ:DraftSightの[タスク]ペインにある[設計ライブラリ]タブには、ブロックなどユーザー定義の再利用可能要素が集められています。
図面比較:DrawCompareは、2つの図面ドキュメント間でエンティティをグラフィカルに比較するときに使用します。
一括印刷:一連の図面とシートをプリンターに一括ジョブで送信し、一括印刷ジョブを一括印刷リスト(*bpl)ファイルに保存して後で使用できるようにします。
Gコード・ジェネレータ:図面データをGコードに変換し、CNCマシンに送信して部品を作成できます。
PDFアンダーレイ:PDFドキュメントのページをAttachPDFコマンドで図面に添付します。
DraftSight API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)とAPIの更新。APIにより、エンド・ユーザーはDraftSightをカスタマイズしたり自動化したりできます。
ライセンス有効期間に利用可能になった製品アップグレード、新規リリースおよびサービスパック
製品アップグレード、新リリース・サービスパック   ライセンス有効期間中にご利用可能
電話と電子メールによるサポート
ネットワークライセンス:組織全体で2D-CADの導入を支援し、ライセンス管理やバージョン管理データの非互換性に関する問題を解消します。
  • ※弊社での取扱はEnterpriseのみとなります。

無償版と有償版のライセンス管理形態

Enterprise Pack(有償) DraftSight無償)
ライセンス管理形態 ネットワークライセンス ※1 web経由で電子メール登録
以後定期的に更新 ※2
  • ※1 Enterprise Packは、アクティベーションを必要としないライセンスファイルで管理されます。ライセンスはメーカーが提供するDSLS(ダッソー・システムズ・ライセンスサーバ)で管理され、同時使用とオフライン環境での使用が可能です。
  • ※2 インストール後、電子メールによるアクティベーションを実行するよう求められます。アクティベーションは後日に延期することも選択出来ますが、30日以内に実行する必要があります。一度完了したアクティベーションは、6ヵ月後、12ヵ月後と繰り返す必要があります。

Enterprise Pack(有償版)のサポート

サポートフロー

  1. 弊社に注文書および端末情報を送付
  2. 弊社から開発メーカーにユーザー情報を送付
  3. 開発メーカーから2通メールが届きます(下記参照)
  4. 技術的なサポートは、メール/電話でメーカーに直接問合せ
  • 1通目はライセンスを管理するモジュールをダウンロードするリンク
  • 2通目はDraftSightライセンス

サポート手段

  • 電話(9時-17時)と電子メールでメーカーに問い合わせ頂けます。
  • 日本の電話番号で日本語にて対応
  • 利用本数に関係なく、登録した最大10名の方が、メーカーから直接サポートを受ける事が可能です
  • DraftSight コミュニティから、直接現地サポートチームにSR(サービスリクエスト)によりお問合わせ頂けます
  • ※コミュニティ によるサポートや提供しているドキュメントは、現在英語のみでの利用となっております

Enterprise Packのバリュー

Windows 対応 DraftSight の無償版で提供するすべての機能に加えて以下のサービスをお届けします。

サービス内容

  • 電話と電子メールによるサポート
  • ネットワーク・ライセンス 組織全体での2次元 CAD 展開をサポートし、ライセンス管理やデータの非互換性に関する課題の解決を支援
  • 展開ウィザード 大人数のユーザー・グループのためのDraftSightの導入とアップグレードを支援
  • オプション・メニューでの検索: お探しの事項を検索ボックス(オプション・メニュー)に入力すると、オプション・ダイアログ・ボックスに検索パスが表示されます。
  • Quick Group: QuickGroup コマンドでEntityGroupsを素早く作成
  • バッチ印刷: BatchPrint コマンドを使って、一連の作図やページ(Sheet)をバッチ処理で印刷できます。バッチ印刷ジョブをBatch Print List (*.bpl) ファイルに保存し、後日使用することが可能です。
  • 注意: ユーザーがバッチ印刷できるのはPageLayouts設定・Print 設定済みのシートだけで、特定のシートのために直接設定されたか、又はその他の図面に保存されたPageLayoutやPrint 設定ファイルに保存されたPrint設定に沿って設定されている必要があります。また、バッチ印刷で使用される個々のPageLayoutsとPrint Configurationにプリンタを指定しなければなりません。
  • 画層のプレビュー: 一連の特定の画層や個々の画層の内容を素早くプレビュー。どの画層にどのエンティティがあるかをチェックでき、ダイアログ・ボックスを一時的に閉じて画層をプレビューすることが可能です。
  • PDF アンダーレイ: AttachPDF コマンドでPDF文書のページを図面に添付できます。これにより、参照用として特定のファイルを作成中の図面とリンクさせることができます。
  • 標準準拠の図面: VerifyStandards コマンドにより、作成中の図面が業界標準、社内標準、カスタム基準に準拠しているかどうかをチェックできます。Layers(画層)、LineStyles(線種)、DimensionStyles(寸法スタイル)、TextStylesの名前やプロパティーを、関連する基準ファイルの内容と照合します。ユーザーは、標準外のアイテムを標準準拠のものと取り替えたり、フラグ付けして無視したり、そのままにしておくことができます。VerifyStandardsコマンドを実行する前に、使用されていないオブジェクトをCleanコマンドによって削除することを推奨します。
  • マスプロパティー計算: リージョンのマスプロパティーを計算・表示できます。特定のリージョンの領域、外周、図心が計算され、そのリージョンの座標系(CSS) についての情報(CCSの名前、CCSの原点、 CCSのX軸、Y軸、Z軸の定義)も表示されます。
  • マクロレコーディング: DraftSight API でプログラミングを始める最も素早く簡単な方法は、 DraftSightでインタラクティブに実行される行為に相応するDraftSight APIコールを含むマクロを記録することです。
  • iQuestions の統合: コミュニティ・タブを使ってDraftSight SwYm コミュニティにログインし、iQuestions コーナーで検索や質問ができます。
  • Toolbox for DraftSight: スタンダード・ベースのメカニカル・シンボル・ライブラリとメカニカル・アノテーションのアドオン。これにより、標準ハードウェアのインサート、穴の作図、部品表や穴のコールアウトの作成、吹き出しや溶接・サーフェス仕上げのシンボル追加が可能
  • デザイン・ライブリ : DraftSight タスク・ペイン内のデザイン・ライブラリ・タブによって、ユーザーが定義した再利用可能な要素(ブロックなど)を中央に統合。それらの要素は図面ファイルに追加されます。ラインスタイルやレイヤーなどのコンテンツ・ファイルに関連するプロパティーが含まれます。 コンテンツをパレットからタスクペインにドラッグ&ドロップするだけで簡単に利用できます。
  • Drawing Compare: 2つの図面ドキュメントのエンティティを比較。図面の相違点はカラーコードで表示されます。
  • 注記: DrawCompare は、2つの図面のビットマップをビットレベルで比較します。図面比較の際、視覚的な変化のみ捉えられます。例えば、アノテーションを2mm左にずらすと、 その変化が比較に反映されますが、Description などのカスタムプロパティを変更した場合は、比較に反映されません。
  • DraftSight API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)及びAPI のアップデート  APIにより、エンドユーザーがDraftSight をカスタマイズ・自動化することが可能。LISP及びその他のマクロを通じて既存のDWGベースのCADシステムを自動化、カスタム化、又は統合した企業の皆様に、APIの大きなバリューを発見していただけます。
  • 毎年の製品アップグレード、新リリース、サービスパックの更新

費用

Enterprise Pack Offering for DraftSight費用

Enterprise Pack Offering for DraftSight (YLC)  1ライセンス ¥57,900- 最低契約本数 5ライセスより

計 5ライセンス ¥289,500-(定価税別)

  • 5ライセンス以上からは1ライセンス単位で追加可能
  • ライセンスは1年間使用可能で自動更新の契約となります
  • 価格は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください