3DEXPERIENCEプラットフォーム

3DEXPERIENCEは、マーケティング→開発→生産準備→製造→販売→保守に至る企業内の あらゆる組織に途切れる事なくPLMソリューションを提供するプラットフォームです。その中でENOVIAのアプリケーションを使うことにより、様々な製品情報を一元管理し、業務効率を向上させることが可能です。

特徴

ENOVIAの特徴は社内全体で成果物をワークフロー、ビジネスプロセスに展開し強化する 機能にあります。例えば、製品の構想から廃棄に至るまでの業務で発生する成果物データの シングルソースデータ管理を行い、社内全体の業務プロセスに流通させることであらゆる業務に おいても常に最新の情報にアクセスできることにより業務ロスの削減につながります。

そのためグローバルで展開している業務についても、シングルデータソース管理を基盤として、拠点を跨るユーザー全員がENOVIAを通して同一の情報を共有でき、グローバル設計の支援につながります。

またENOVIAは高い拡張性を持っており、小規模なデータ管理から始め、拠点や対象のデータ・業務をお客様のご要望・プランに合わせてシステムの拡張を行うことができます。

機能

プロジェクト管理(DPM、DPJ)

複数のプロジェクトの工数や日程、予算、タスク、問題、成果物等を一元管理することが可能です。

プロジェクトの進捗度や承認ルートを一目で把握する事ができるため、より円滑にプロジェクトを進めることができます。

要件管理(TRM)

顧客や市場からの要求を細分化し、要件として登録することが可能です。また、仕様ごとに要件を整理したり、製品やテスト項目に関連づけて要件の有効性を管理することで、顧客の要求を満たした製品を生み出すことができます。

設計部品表管理(PDE、PDA)

設計部品表と3D形状を関連付けて管理することが可能です。これによりグローバルで迅速な設計、調達、製造をサポートします。

CADデータ管理(CNV)

あらゆるCADデータをENOVIAで管理ができます。 各CADソフトから直接ENOVIAへアクセスし、 製品データの照会、検索、保存、修正が可能です。

グローバルデータ共有(XRS)

単一のDBと各拠点に構築するFCS(ファイルコラボレーションサーバー)サーバーにより 全拠点、全ユーザーが情報やデータを共有できる 環境を構築することができます。

FCSサーバー間で データを予め転送することにより、ファイルへの アクセスのパフォーマンスを向上させることができます。