SIMULIA

SIMULIAアプリケーションにより、物理プロトタイプを作成する前の、材料や製品の性能、信頼性と安全性の評価プロセスを加速します。

概要

今までの解析ソフトは専門スキルが必要なため、専任者活用以外は活用できませんでした。また、従来の設計フローの中で解析は下流で採用されていたこともあり、解析結果から設計変更の必要性が見つかったときは手戻りが多くなり開発期間の長期化を招くことがありました。

CATIA V5 Analysis/SIMULIA製品群は、CATIAの操作性そのままで設計モデルを直接解析できます。それにより設計段階での不具合発生可能性の事前検討、試作回数削減、開発期間の短縮といった効果を確実に上げることができるようになります。

機能

GPS:パーツモデルの静解析、固有値解析

設計者が設計の挙動を把握し、さまざまな荷重条件下での部品内の変位と応力を正確に計算できるように支援します。また、固有周波数と関連するモード形状を計算することで、部品の振動特性も評価できます。さらに、容積部品、サーフェス部品、ワイヤフレーム・ジオメトリの解析も可能です。

GAS:アセンブリモデル、接触条件定義

Generative Part Structural Analysisの機能を拡張し、アセンブリと個々の部品の解析を可能にします。アセンブリの解析では、部品の相互作用と接続の様子を正確に表現することで、よりリアリスティックで正確なシミュレーションが可能です

GDY:動的な応答問題

動的荷重に対する設計応答を検証できます。設計者は設計の初期段階で、共振やその他の動的作用の影響を受けない設計を確立できます。Generative Dynamic Response Analysisは、過渡解析と調和解析の両方に対応しています。

EST:座屈、特殊要素、大規模問題など

静的、周波数、座屈解析用の複数の解析を備えた、Generative Part Structural Analysis(生成部品構造解析)の機能拡張版です。解析専任者のニーズに合わせた製品ですが、設計エンジニアが使用するユーザー・インターフェースとの一貫性も確保しています。

FMS:高度なシェル要素作成機能

複雑なサーフェスやワイヤフレーム・パスのための高度なメッシュ機能を提供します。ジオメトリ上に生成されたメッシュはジオメトリと完全に関連付けられます。

FEM Surfaceは、Generative Part Structural Analysisの標準サーフェス・メッシュ機能より高い管理性と機能性を備えた洗練されたメッシュ・アルゴリズムを提供します。

FMD:高度なソリッド要素作成機能

生成される要素の品質やメッシュ内の要素の数を広範囲で管理しながら、複雑なソリッド・ジオメトリをすばやく効率的にメッシュ化したいと考える専門家を対象としています。FEM Solidは、4面フィラーによるメッシュ・アルゴリズムとともに、6面メッシュを作成するツールも提供します。メッシュ品質を規定するさまざまな事前定義の基準やカスタマイズ可能な基準を表示できます。

ANL:非線形解析

CATIA V5 Analysisの機能を拡張し、非線形効果を含むより高度なシミュレーションを可能にします(大幅な変位や材料の非線形性など)。主に金属などの材料可塑性や、ゴムなどの超弾性材料の非線形弾性をモデル化できます。さらに、Nonlinear Structural Analysisでは、ジオメトリの近似性に基づく接触面の自動作成など、より高度な接触機能も提供します。

ATH:定常・非定常熱伝導解析

Thermal Analysisは、CATIA V5 Analysisの機能を拡張し、設計者が設計における熱力学的動作を把握できるように支援します。サーフェスの直接加熱、サーフェスを通過する流体の流れ、サーフェスの指定温度に対する定常性または過渡温度分布を計算できます。熱材料特性も温度と無関係に特定できます。アセンブリを解析する際は、接触部品間のインターフェースを介した伝導性も指定できます。

RBM:詳細なメッシュ作成ルールの作成、保存が可能

FEM Surfaceの機能を拡張し、CATIAメッシュ・ツールを使用するすべてのワークフローで高品質な自動サーフェス・メッシュ処理を実現します。ユーザーは、Rule Based Meshingを使用することで、穴、フィレット、ビードなどの構成要素のメッシュ処理をグローバルに指定できます。さらに、RMBでは、エッジの最小の長さ、アスペクト比、歪みなど、許容可能な要素品質基準も指定できます。